片山楽生18歳 今年から俺、東京の人になる NTT東日本の148キロ右腕は3年後のプロ目指す

[ 2021年6月2日 13:43 ]

日本選手権大会 関東代表決定戦 2回戦   NTT東日本(東京) 7―0 日本ウェルネススポーツ大学 (茨城 ( 2021年6月2日    等々力球場 )

<日本選手権大会関東代表決定戦2回戦 NTT東日本・日本ウェルネススポーツ大学>147キロを計測したNTT東日本・片山
Photo By スポニチ

 昨年の都市対抗で準優勝したNTT東日本(東京)は日本ウェルネススポーツ大学(茨城)に7―0で7回コールド勝ちした。

 6点リードの7回に3番手で登板した最速148キロ右腕の片山楽生投手(18・白樺学園)は1回を完全投球で完封リレーに貢献。日本選手権の本大会出場に王手をかけた。

 片山楽生18歳。「らいく」の名には“楽しく生きる”という願いが込められている。

 高卒で強豪・NTT東日本のユニフォームに袖を通した男は最速で147キロを計測した直球を軸に、わずか9球で相手打線を料理し「マウンドに上がると自然に力が入った。0に抑えられたので(自分を)評価したいです」と笑顔を見せた。

 北海道・白樺学園では本格派右腕としてスカウトの注目を集め、昨夏の甲子園交流試合のマウンドも経験。プロ志望届を提出したが、ドラフト会議でその名が呼ばれることはなかった。だが、夢は変わらない。「良い企業に声をかけていただいた。新たに土台をつくっていきたい。3年後にプロという目標を叶えたい」

 高校時にあったという球速へのこだわりは捨てた。西武・松本航投手に憧れを抱く片山は「球速以上に伸びがある投手が好き。(直球の)ホップ成分を生かせるフォームを意識しています」と捕手方向へロスなく体重を伝えるフォームを追求する。 

 「ときにはつらいこともありますが、楽しくできるように頑張っています」。北海道から単身で東京に来た男は輝く未来を信じて歩みを進める。(柳内 遼平)

 ◇片山 楽生(かたやま・らいく)2002年(平14)10月7日、北海道河東郡音更町生まれの18歳。小学2年から柳町イーグルスで野球を始める。音更共栄中では軟式野球部に所属。白樺学園では1年秋からベンチ入り。2年秋からエースで4番。50メートル走6秒5。遠投は120メートル。球種は直球、スライダー、チェンジアップ、カーブ、カットボール、フォーク。178センチ、81キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月2日のニュース