×

中日・大野雄 復帰戦で通算1000奪三振を達成も、3勝目はお預け

[ 2021年5月21日 20:20 ]

セ・リーグ   中日ー巨人 ( 2021年5月21日    バンテリンD )

<中・巨(9)>通算1000奪三振を達成した中日・大野雄 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 復帰戦で大台に達した。中日の先発・大野雄は7回1失点。上肢のコンディション不良で4日以来のマウンドとなったが、不安を感じさせない力投を見せた。

 「復帰戦一発目で7回まで投げられて良かった」

 初回を3者連続三振と絶好の立ち上がりで4回までは巨人打線を無安打。5回2死から広岡に先制ソロを許し「広岡選手に打たれたホームランは防がないといけなかった」と悔しがりつつも7回1死では見逃し三振でリベンジに成功。この三振が通算1000奪三振となり、7回を投げ終えると記念の花束を受け取り、丁寧にスタンドへ頭を下げた。

 0―1の7回1死で代打を送られ降板となったものの、代わりに打席に入った根尾が二塁打でチャンスメイクすると、続く大島の左翼線への適時三塁打で同点。黒星こそ消えたものの、なおも1死三塁から京田、福田が連続三振。白星はつかめなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年5月21日のニュース