神港学園 24年ぶり優勝 今春選抜出場の神戸国際大付を撃破 エース加藤が4安打完封

[ 2021年5月8日 14:47 ]

令和3年度春季近畿地区高校野球大会 兵庫県予選 決勝   神港学園1―0神戸国際大付 ( 2021年5月8日    姫路 )

 神港学園が今春選抜出場校の神戸国際大付を1―0で破り、1997年以来、24年ぶり3度目の優勝を飾った。

 5回2死二塁から1番の藤原任治内野手(3年)が右翼線に適時二塁打を放ち、先制。エース右腕の加藤大投手(3年)が4安打完封した。加藤は今春県大会5試合を一人で投げきり準々決勝から3試合連続完封勝利で優勝の原動力となった。

 神港学園は今月22日から滋賀で開催される近畿大会に出場する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月8日のニュース