ヤクルト・スアレス 5回2失点の好投で開幕ローテ入り当確 高津監督も高評価

[ 2020年3月25日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト3―2広島 ( 2020年3月24日    マツダ )

<広・ヤ>先発のスアレス(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島との練習試合に先発したヤクルトのスアレスが5回2失点(自責点1)で開幕ローテーション入りを当確させた。3回に菊池涼の遊撃内野安打で1点を失うなど2失点も試合をつくり「持っている球を全て使えた。コントロール良く投げることができた」と満足顔。

 高津監督は「安打は打たれたが粘った投球。シーズン通して先発の一人として長いイニングを投げてもらえれば」と助っ人右腕を評価し、地元・広島での初采配が無観客だったことについては「お客さんの入ったマツダスタジアムで指揮を執ることを楽しみにしています」と語った。

 ▼ヤクルト・吉田成(5回2死二塁から右中間適時二塁打)打ったのは直球です。チャンスだったので、走者を還すことだけを考えてコンパクトに打ちました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース