DeNA新助っ人オースティンに007警戒、阪神スコアラー「研究しないと」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

オープン戦   DeNA4-1巨人 ( 2020年2月16日    沖縄セルラー )

<オープン戦 巨・De>初回1死、中越えソロを放つオースティン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ野球のオープン戦が16日、巨人―DeNAで開幕し、DeNAが4―1で快勝。「2番・右翼」で出場した新加入のタイラー・オースティン内野手(28)が初回に初打席初本塁打、3回には2打席連続弾を放つなど3安打2打点の衝撃デビューを飾った。

 ▼阪神・御子柴進スコアラー 大きな戦力。センター方向にいい打球を打つ。これから研究しないといけない選手。
 ▼広島・土生翔平スコアラー 初見の投手に対応できる能力とパワーがあり、警戒しないといけない。
 ▼中日・前田新悟スコアラー いい打球だった。本塁打の打ち方を知っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月17日のニュース