中日ドラ1・石川昂 圧巻ロングティー スカウト陣「1軍メンバーに入っても遜色ない」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

スカウト陣が見守る中、ロングティーを行った石川昂
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・石川昂(東邦)が13日、圧巻のロングティーを披露した。これまでの打撃練習は室内練習場が中心で、ナゴヤ球場のグラウンドで打ったのはプロ入り初。

 「外で久しぶりに出来たので良かった。半分ちょいぐらいは良い打球がいきました」

 午後からの個別練習で同4位・郡司(慶大)と2人でグラウンドへ繰り出し、快晴の下、バットを振った。ナゴヤ球場は両翼100メートル、中堅122メートルと1軍本拠地・ナゴヤドームとほぼ同じ広さ。外野の防球ネットが下がっていたため、球団スタッフからバックスクリーンに向けて打つよう指示があったことに加え「風があったので飛ばなかったです」と約150スイングで柵越えは0本と苦笑い。それでも見守ったスカウト陣からは「十分過ぎる。うちの1軍メンバーに入っても遜色ない」とスイング、飛距離ともに感嘆の声があがった。

 18歳と思えない存在感を見せているが、ゲームでは悪戦苦闘。先日、寮内で郡司、育成1位・松田(名大)の3人で野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」を楽しんだが、石川昂は松田に早々と敗れた。その松田さえも郡司に「ボコボコにされた」といい、石川昂は結果的に完敗。ゲームは弱くてもリアルの野球で活躍すれば問題ない。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月14日のニュース