日本ハム谷口 動体視力向上へ「ビジョナップ」着用し自主トレ

[ 2020年1月14日 14:52 ]

特殊サングラス・ビジョナップを手に自主トレを行う日本ハム谷口
Photo By スポニチ

 日本ハム・谷口雄也外野手(27)が14日、特殊サングラス「Visionup(ビジョナップ)」を着用し、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設でティー打撃を行った。

 外見は普通のサングラスながら、まばたきを高速で行うようにレンズが点滅する特殊なメガネ。視界が悪い中で動くボールを見ることで、動体視力を向上させる効果がある。

 「大半の日本人はスマホ依存症でしょ。僕もずっと見ていると疲れるから、目のコンディションを整えるため使ってます。いいモノは取り入れないと」。約2年前に購入。幸い両眼とも視力1・5で試合中は裸眼だが、この日は気分転換にと自主トレで取り入れた。「ボールの縫い目とか見えるんですよ」。

 かつては「可愛すぎるスラッガー」と言われタレント・剛力彩芽似と言われた谷口も来季は10年目、勝負のシーズンとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月14日のニュース