侍ジャパン映画試写会 30日に開催、希望者を招待 稲葉監督が舞台あいさつ

[ 2020年1月14日 20:05 ]

つなぐ野球でプレミア12初優勝をつかんだ侍ジャパン
Photo By スポニチ

 NPBエンタープライズは14日、侍ジャパンの密着ドキュメンタリー映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」の完成披露試写会を、30日にTOHOシネマズ日比谷で行うと発表した。

 合わせて希望者50人を試写会に招待する。希望者はJ SPORTSのホームページ(https://www.jsports.co.jp/form/161/)より応募し、応募多数の場合は抽選となる。

 開場午後6時で、開演午後6時30分。映画の上映時間は約110分。当日はトップチームの稲葉篤紀監督(47)の舞台あいさつも予定されている。

 映画「侍の名のもとに~」は17年7月31日の稲葉監督の就任から、東京五輪の前哨戦となった昨年11月のプレミア12優勝まで、侍ジャパンの裏側にカメラが密着。チーム編成や戦略・采配を中心としたミーティング、海外視察、そして各球団のスター選手が集結した代表チームの選手の裏側など。チーム専属カメラが激闘の裏側をとらえ続けてきた。

 映画は2月7日から全国各地で、2週間限定で公開される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月14日のニュース