DeNA&ヤクルト、東京五輪開催前後に東京Dで主催試合

[ 2019年5月27日 05:30 ]

五輪開催時は資材置き場となる神宮球場(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪の影響で大会前後に本拠地球場が使用できなくなるDeNAとヤクルトが、主催試合を東京ドームで開催することが26日、分かった。DeNAが6試合、ヤクルトは13試合を行う見込み。巨人の本拠地でセ・リーグの他球団が主催試合を行うのは極めて異例だ。

 DeNAは、横浜スタジアムが野球・ソフトボールの主会場となるため6月9日~8月23日は使えず、ヤクルトは神宮球場が機材置き場となるため、7月6日~9月13日は使用できない。

 DeNAは主催試合を先送りしてビジター試合を増やすほか、巨人を迎える主催試合などは、地方球場やパ・リーグの本拠地球場での開催を模索する。

 20年シーズンは3月20日に開幕し、7月19、20日のオールスター戦後から8月13日まで中断される。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月27日のニュース