DeNA平良 28日今季初登板初先発 度重なる故障で出遅れも「結果を残して来られた」

[ 2019年5月27日 18:11 ]

キャッチボールで調整するDeNA・東
Photo By スポニチ

 DeNAの平良拳太郎投手が、28日の中日戦(岐阜)で今季初登板初先発する。

 昨季5勝を挙げ飛躍を期待されたプロ6年目だったが、春季キャンプ初日だった2月1日に右足首を痛めて1軍を離脱。その後も腰痛など度重なる故障で出遅れた。「ケガをして自分の思い通りにいかなかったが、治ってからは試合で結果を残すことだけ考えてやってきた。結果を残して来られたのはよかった」とようやく巡ってきた1軍の舞台に胸を高鳴らせた。

 中日は17年5月10日にプロ初勝利を挙げた相手でもある。「凄く打っている印象。自分の生命線である低めの制球が大事になってくると思う。(高橋)周平さんには昨年結構打たれている。その前に走者を出さない意識で投げたい」とイメージを膨らませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月27日のニュース