ヤクルト高梨“リセット”奏功3回零封「修正できた」

[ 2019年2月24日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト8―3阪神 ( 2019年2月23日    浦添 )

3回を投げ無失点の投球を見せた高梨(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日本ハムから移籍したヤクルト・高梨が3回1安打無失点と好投し、先発枠入りへまた一歩前進した。「最初の2回は内容が良くなかったが、3イニング目は修正できた」。

 3回から登板。先頭の江越に左翼線二塁打を浴びるなど球が走らなかったが、3イニング目でノーワインドアップからセットポジションに変えると、136〜144キロだった直球の球速が147キロまで上がった。「(体が)前に突っ込んでいたが、後ろに体重をためられるようになった」。高い修正能力で実戦の連続無失点を5回に伸ばした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月24日のニュース