楽天・石井GM キャンプイン控え「競争意識をしっかり持って」浅村は二塁のレギュラーとして固定

[ 2019年1月31日 19:57 ]

<楽天全体ミーティング>あいさつする石井取締役GM(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 楽天が、沖縄・久米島でのキャンプインを翌日に控えた31日、1、2軍合同の全体ミーティングを開いた。攻守でのサインを確認した。石井一久GMは「キャンプのテーマとして、競争意識をしっかり持ってほしい。投手と二塁を除いた7つのポジションを争うことになる」と訓示。チーム内の競争を重視しながら、FAで新加入した浅村は、二塁のレギュラーとして固定する考えを示した。

 平石監督も「いよいよキャンプが始まります。戦う集団になって、ここにいる全員が優勝、日本一を奪いにいきましょう」とあいさつ。浅村については「彼が中心になって(二塁の)レギュラーになると考えている」と話し、あらためて期待を寄せた。

 指揮官にとって初の春季キャンプとなるが、夜間練習は実施しない方針だ。「(昼間に)グラウンドでしっかりやってほしい。夜は自分の時間を大事にして、リカバリーやメンテナンスにあてることも重要」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月31日のニュース