ソフトB・柳田、宮崎入り「やることをやって、背中で語る」

[ 2019年1月31日 18:46 ]

<ソフトバンク歓迎パレード>宮崎市内をパレードする(左から)中村晃、工藤監督、柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは31日、春季キャンプ地の宮崎入りした。選手会長の柳田悠樹外野手(30)は「また、始まるなという感じ。一つでもうまくなりたい気持ち。色々試しながらやっていきたい」と話した。

 チームは2年ぶりのリーグ制覇、3年連続日本一を目指す。工藤監督は今季から主将廃止とし、選手らの自覚を促した。「年代は関係ない。みんな、それぞれやってやるという気持ちがあると思う」と柳田。自身の取り組み方については「スタイルは変えない。しゃべりでは、あんまりなので、やることをやって、背中で語る」とプレーで先頭に立つ構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月31日のニュース