阪神 「ウル虎の夏」限定サードユニホームを発表 糸原、炎柄デザインに「心も燃えています」

[ 2019年1月31日 16:31 ]

<阪神>「ウル虎の夏2019」で着用するサードユニホームに身を包んだ梅野(左)と糸原(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 阪神は31日、夏の恒例イベント「ウル虎の夏2019」(7月23日から25日のDeNA戦、同30日から8月1日の中日戦)で着用する限定サードユニホームを発表した。タイガースのチームカラーのイエローを基調としながら、ユニホーム全体に「ウル虎の夏」のロゴにもある炎柄をあしらったデザインで「燃えるような、選手の闘志・ファンの熱気」を表現している。

 選手会長の梅野とともにモデルと務めた糸原は、今季から就任したキャプテンの「C」マークも初披露。「炎をイメージしているので熱いです。明日からキャンプインするんで、心も燃えています」とメラメラしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月31日のニュース