巨人・原監督 全体ミーティングで宣言「実力至上主義、勝利至上主義。目標は日本一」

[ 2019年1月31日 22:51 ]

<巨人キャンプ>1・2軍合同ミーティングでマイクを手にする原監督(現場代表撮影)ノークレジット
Photo By スポニチ

 巨人・原辰徳監督(60)監督が31日、コーチ、スタッフとともにキャンプ地・宮崎入りした。

 ナインと共に宮崎神宮を参拝後、全体ミーティングであいさつ。「2019年がいよいよスタートします。私はジャイアンツに30年おりました。2019年度が私にとっては31年目のジャイアンツになります。非常に新鮮に、1年目、ルーキーイヤーという気持ちでやっていこうと思っています。選手たちは今の段階では1軍、2軍と分けました。しかし、私の中では、チームは一つです。自分の中では実力至上主義、勝利至上主義。目標は日本一である。その日本一の中に必ずこの全員がメンバーに入る。1試合でも、或いは数多く貢献するという気持ちを持っていただきたい」と話した。

 2月3日には球団史上最速の実戦を実施。若手主体の「1軍VS2軍」の紅白戦を行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月31日のニュース