大谷は「開幕間に合わない」地元紙、野手布陣予想で見通し

[ 2019年1月31日 05:30 ]

エンゼルスの大谷翔平 (AP)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの地元紙オレンジ・カウンティ・レジスター(電子版)が29日(日本時間30日)、今季のエ軍野手の予想布陣を特集し、右肘手術の影響で今季は打者に専念する大谷について「シーズンの開幕には間に合わないだろう」と改めて見通しを示した。

 開幕直後は左膝手術明けのプホルスがDH、新加入ボアが一塁を守ると予想。「大谷が帰ってきた後に(プホルス、ボアを含めた)3人の打席をどう割り当てていくか考え出さなければならない」とした。大谷はこのオフ、復帰時期について「最短でいけば開幕ぐらい」と話していた。今後は2月12日(同13日)にアリゾナ州テンピでのバッテリー組集合日から参加する予定となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月31日のニュース