ロッテ チェン&李は現状維持でサイン「チームに貢献を」

[ 2019年1月25日 20:22 ]

 ロッテのチェン・グァンユウ投手(28)と李杜軒内野手(30)が、ZOZOマリンで交渉し、それぞれ現状維持の2160万円、500万円で今季の契約を結んだ。

 来日6年目となる左腕チェンは昨季24試合0勝1敗1ホールド、防御率3・92。今季も先発、中継ぎでのフル回転が期待される。「昨年はあまりチームに貢献することができなかった。今年は昨年よりもたくさんの試合で力強い球を投げ、チームに貢献したい。キャンプに向けて体の状態もチェンチェン大丈夫だよ!」と元気いっぱいの様子だ。

 ソフトバンク・柳田と沖縄、広島などで自主トレを行った李杜軒は移籍1年目の昨季は11試合、打率・188、0本塁打、3打点。「昨年は活躍することができなかったので、今年は1年通して1軍にいて1試合でも多くチームに貢献できるように頑張ります」と気合を入れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月25日のニュース