広島・長野 背番号5で再出発 “緒方9番”は辞退「野間が一人前になったら」

[ 2019年1月11日 05:30 ]

広島へ移籍する長野
Photo By スポニチ

 広島は10日、巨人にFA移籍した丸の人的補償で加入する長野久義外野手(34)の背番号が「5」に決まったと発表した。

 球団は5番と9番を提示。鈴木球団本部長によると、現役時代に背番号9だった緒方監督の秘蔵っ子が野間だけに、長野自身が「9番は野間が一人前になったら付けたらいいのでは」と配慮し、5番を選んだという。同本部長は加えて「5番は栗原(健太=楽天2軍打撃コーチ)以来、そんなにイメージがない。いい番号がちょうど空いていた」と語った。

 長野は20日前後まで米国ロサンゼルスで自主トレを行い、今月下旬に入団会見を予定。2月1日のキャンプインから合流する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月11日のニュース