東海理化2大大会初勝利 来秋ドラフト候補・立野が12回投げ抜く

[ 2018年11月3日 05:30 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権第2日   東海理化4―1室蘭シャークス ( 2018年11月2日    京セラD )

タイブレークとなった試合を制し、ガッツポーズの東海理化・立野(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 東海理化は立野がタイブレークに入った延長12回も投げ抜き、4安打1失点完投でチームに2大大会初勝利をもたらした。「球速は意識していたし、勝ててよかった」。

 初回に自己最速を1キロ更新する150キロを計測し6回まで完全投球。1―0の9回2死一塁から中前の飛球を中堅手が後逸(記録は三塁打)して同点とされたが、動じなかった。中部大第一から入社2年目の来秋ドラフト候補右腕は「ここは通過点。日本一を目指したい」と頼もしかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月3日のニュース