元木大介氏が暴露 自身の50万倍…松井氏のグッズ売り上げ収入

[ 2018年11月3日 08:28 ]

元木大介氏
Photo By スポニチ

 来季から巨人で打撃部門のコーチに就任するプロ野球解説者の元木大介氏(46)が2日放送のテレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」(金曜後10・00)に出演。元同僚で後輩の松井秀喜氏(44)について語った。

 番組では“副業収入”について特集。元木氏は現役時代を振り返り、「給料以外に入ってくるのは『道具とか使ってください』ってアドバイザー契約(の収入)。それがつくとお金がもらえる」と告白。「グッズ販売は球団と会社がやっている。それも売り上げの何%とかが選手のところに入ってくる」と語った。

 続けて「いい選手になればグッズが(全種類)そろっている。僕は中途半端だったので半分ぐらい」と苦笑い。さらに「松井と1回だけ給料の話したんですよ。給料は松井ははっきり言うんで、『グッズの売り上げはいくら?』って聞いたんです」と切り出し、「僕は(1カ月で)10円だったんですよ。松井にこっそり聞いたら500万って言ってたんで…。すげえな一流はって思いましたね」と暴露していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月3日のニュース