PR:

東海大菅生、決勝進出 エース左腕・中村晃が初完封

秋季高校野球東京都大会準決勝   東海大菅生3―0早実 ( 2018年11月3日    神宮 )

<早実・東海大菅生>公式戦初完封した東海大菅生のエース左腕、中村晃太朗
Photo By スポニチ

 東海大菅生が早実を下し、決勝進出を決めた。

 エース左腕・中村晃太朗投手(2年)が公式戦初完封の快投。8安打されながら要所でチェンジアップを効かせ、得点を許さなかった。3戦連続完投で来春センバツへ一歩前進し「バックを信じて自分の投球をしようと思った。野手も点をとってくれたので楽に投球できた」と安ど。中日・小笠原らを輩出した湘南ボーイズ出身。エース谷村(現・桐光学園)の控えながら、公式戦でノーヒットノーランを達成したこともある実力派だ。

 元中日投手の若林弘泰監督は「このくらい投げられて当たり前だと思っている。自信がついてきたのでは」と目を細めた。

[ 2018年11月3日 12:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム