PR:

NTT東日本、初戦で敗退 好救援の大竹が12回崩れる

スポニチ後援社会人野球日本選手権第2日   NTT東日本1―2パナソニック ( 2018年11月2日    京セラD )

3番手で登板したNTT東日本・大竹(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 昨年の4強チーム、NTT東日本が初戦で姿を消した。12回表は2者連続三振で走者を進められず無得点。その裏、7回から好救援していた大竹がサヨナラ打を浴びた。

 飯塚智広監督は「ロースコアは予想していたが(先発の)榎本君が予想以上によかった。投手陣は責められない」とかばった。

[ 2018年11月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム