ハム栗山監督16年V再現へ 西武と5差「面白くなってきた」

[ 2018年9月4日 05:30 ]

日本ハムの栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が最大11・5ゲーム差を逆転し、リーグ制覇した16年の再現を狙う。

 4日から首位・西武と2連戦。最大8・5ゲーム差をつけられたが、5ゲーム差に縮めている。ソフトバンクを含めた三つ巴の展開に「(逆転優勝する)可能性があるならこの形だと思っていた。これから面白くなってきた」と話した上で「最後競って苦しくなるとバタバタしたくなるが、経験上それは得策ではない。選手を信じ切れるかどうか」。ドラフト1位・清宮も「緊張感の中でできるのはありがたい。しっかり貢献したい」と力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月4日のニュース