Dバックス平野“イチローさんと対戦したい”理由は…プロ入り直後の紅白戦

[ 2017年12月27日 05:30 ]

移籍会見でオリックス・長村球団本部長(左)から花束を贈られる平野
Photo By スポニチ

 オリックスから海外FA権を行使しダイヤモンドバックスに移籍を決めた平野が、大阪市内で会見に臨み、マーリンズをFAとなったイチローとの対戦を熱望した。

 通算156セーブの右腕は「僕がプロ入り後に初めて対戦した打者がイチローさんだったので。ありがたい時間だった。あのセカンドゴロは自信になった」。1年目の06年キャンプの紅白戦で初対戦。第1打席は初球の内角直球で二ゴロに抑え、第2打席は右翼線二塁打を許した。

 毎年オフに神戸市内で自主トレをするイチローとは、今月上旬に同市内の飲食店で遭遇したという。「“メジャー行くんでしょ?頑張ってね”と。イチローさんと同じ(メジャーの)空気を吸いたい」と語った。

 日本ハムからエンゼルス入りした大谷との対戦も望んだ。日本では15打数1安打に封じ「向こうでも抑えられるように」と平野。8月21、22日(日本時間22、23日)の2連戦で対決の可能性がある。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月27日のニュース