楽天・梨田監督 第9代隠しマイク大賞 衰えナシダ!喜び「今年一番」

[ 2017年12月27日 05:30 ]

隠しマイク2017総集編

トロフィーと「だじゃれ王」と書かれた扇子を手に笑顔の楽天・梨田監督
Photo By スポニチ

 スポニチ読者はもちろん、野球関係者にも絶大な人気を誇る名物コーナー「隠しマイク」。今年も春季キャンプから日本シリーズまで、計283人が登場し、805本のマイクが掲載されました。スポニチ制定の栄えある「第9代隠しマイク大賞」は楽天・梨田昌孝監督(64)に決定。面白傑作選で2017年の笑い納めを!

 大本命が初めての年間チャンピオン。楽天・梨田監督は照れ笑い半分、真顔半分で喜びを語った。

 「待ちに待ったタイトルだなと。今年、一番うれしいですね。優勝を逃しちゃったのでね…」

 いてまえから、北の大地、そして杜の都を沸かせるダジャレ王。これまで大賞には届かなかったが、常に安定感は球界トップクラスだった。「いっぱいありすぎて分からなくなった」と振り返った今季。「世界陸上でボルトが負傷した」という話題に「ナットで止めておかないかんな」と技術の高さを披露。今季ポストシーズンで台頭した中継ぎの宋家豪(ソン・チャーホウ)について「そん(そう)なの?」やら「ソンするより、得するようにね」など強引な力技も。「こんにゃく打法」で鳴らした現役時代さながらの「硬軟自在」ぶりが光った。

 故障者続出でチームは終盤に失速も、隠しマイクレースでは独走V。「2年連続はいないの?じゃあ、来年、初めての連覇をね」。史上初の大賞連覇と、2度目の日本一が来季の大目標となる。 (春川 英樹)

 ≪梨田監督傑作選≫

 ◎楽天・梨田監督は取材場所がバスの後方になりそうだったため、変更を指示。「排気ガスはね…。年が年だから」。年齢は関係ないと思いますが…。(2月27日付)

 ◎楽天・梨田監督はDeNAとのオープン戦で1回5安打4失点と乱調だったハーバード大出身のハーマンについて「学習能力は高いと思うので、はーばー(幅)を持ってやってもらいたい」。(3月6日付)

 ◎楽天・梨田監督は試合前、前夜のヤクルト戦で首筋に投球を受けた嶋の状態に「大丈夫。キスマークはついてるけどね」。ボールの痕がくっきりとついていました…。(6月17日付)

 ◎守護神・松井裕の離脱で救援陣が手薄になった楽天。梨田監督は7回を任せる投手を聞かれると「いろいろ考えている。与田とか出てくるよ。“ヨダン”ですが…」。投手コーチなので…。(7月29日付)

 ◎楽天・梨田監督はプロ志望届を提出することを表明した早実・清宮について「高校通算111本?(背番号1だった)王さんを3人合わせたみたいだね」。大物ですね。(9月24日付)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月27日のニュース