新井さん タナキクマルに「引っ張っていってほしい」

[ 2017年12月27日 05:30 ]

広島の新井
Photo By スポニチ

 広島・新井が、節目の20年目となる来季に向け、平常心で臨むことを強調した。

 「20年もやらせてもらえるとは思っていなかったけど変わらない。1年1年をしっかりとやった積み重ね。感慨はない。今のところ状態は去年よりいい。スタートが遅かった去年より順調にトレーニングできている」

 昨年は日本シリーズ進出によりシーズン終了が10月下旬にずれ込んだ。例年より遅かったことで、今季に向けて体づくりに充てられる時間も削られた。自身も未経験である悲願の日本一に向け、充実のオフとする構えだ。

 田中、菊池、丸ら中堅選手には改めて、チームをけん引するよう求めた。「彼らは周りのことを見えているのがわかる。去年から言っているけど、引っ張っていってほしい」。一丸となって来季を戦い抜く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年12月27日のニュース