スタントン 移籍先は来週にも決定か ジャイアンツが最右翼 ドジャースも可能性

[ 2017年12月7日 11:53 ]

マーリンズのジアンカルロ・スタントン外野手 (AP)
Photo By AP

 メジャーリーグの公式サイトは6日、マーリンズのジアンカルロ・スタントン外野手(28)の移籍先が、11日(日本時間12日)から開催されるウインターミーティングまでに決まる可能性があると伝えた。

 今季のスタントンは159試合に出場して打率2割8分1厘、59本塁打、132打点と活躍。本塁打王と打点王の2冠に輝き、自身初のシーズンMVPを獲得したが、デレク・ジーター氏らのマーリンズ新オーナー陣が推し進める経費削減のため、放出が確実視されている。

 NBCスポーツ(電子版)によると、ジャイアンツが移籍先候補の最右翼に挙がっており、ドジャースにもスタントン獲得の可能性が残っているとのこと。また、カージナルスも先週にスタントンの代理人と会談している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月7日のニュース