カブス、PRビデオ駆使か「編成本部長は交渉術を知っている」

[ 2017年12月7日 05:30 ]

 大谷との面談の中身は明かされなかったが、カブスの公式サイトは「セオ・エプスタイン編成本部長は交渉術を知っている」とし、過去に趣向を凝らしたPRビデオを駆使したことを紹介した。

 14年オフにアスレチックスからFAの左腕レスターを獲得した際は、架空のワールドシリーズ第7戦でレスターが先発するビデオを作製した。同様の方法で数選手を口説き落としており、今回も「大谷ビデオ」を用意した可能性が高い。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月7日のニュース