巨人・沢村、減俸申し出も…球団の意向で現状維持1・5億円

[ 2017年12月7日 07:53 ]

現状維持でサインし、険しい表情で会見する巨人・沢村
Photo By スポニチ

 巨人・沢村は現状維持の年俸1億5000万円でサインした。開幕前から右肩の状態が悪く7年目で初めて1軍登板なし。複数の医師から、2月末のはり治療の際に「長胸神経麻痺(まひ)となり、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性」を示され球団が謝罪していた。

 沢村は「1軍で1球も投げていないので年俸を下げていただいて構わないです」と減俸を申し出たが、球団の意向で現状維持となった。「ボールを投げられない投手は何の価値もない。一からと言わず、ゼロからという気持ちでやりたい」と来季の復活を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月7日のニュース