ロッテの井上 全治4〜6週間 左膝内側側副じん帯損傷

[ 2017年8月4日 22:26 ]

 ロッテは井上晴哉内野手(28)が都内の病院で検査を受け、左膝内側側副じん帯損傷と診断されたと発表した。全治4〜6週間の見込み。同内野手は2日の日本ハム戦の走塁で痛め、3日に出場選手登録を外れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月4日のニュース