阪神・岩田 連勝ならずも粘った 通算1000投球回達成

[ 2017年8月4日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―5広島 ( 2017年8月3日    マツダ )

<広・神>6回、ピンチをしのいだ桑原(右端)を笑顔で迎える岩田(左から2人目)
Photo By スポニチ

 勝ち星こそ、最後に消えてしまったが、先発した阪神・岩田は強力打線に対して粘りの投球を展開し、5回1/3を2失点と最低限の仕事を果たした。

 幸先良く4点の援護を受けた初回2死無走者から丸に四球。鈴木、新井に連打を浴びて1点を失った。「足のある選手が多いこともあって、ランナーを出すとボールが浮いてしまい、それを打たれた…」。それでも、なおも一、二塁でエルドレッドを内角スライダーで見逃し三振。5回も1失点したが、ともに最少失点で切り抜けた。

 4回先頭の鈴木を二ゴロに仕留めた時点で史上348人目となる通算1000投球回を達成。6回1死一、二塁で桑原の救援を仰いだことに「球数的にも投げきらないといけない。リリーフの人たちに迷惑をかけてしまった…」と猛省した。

 今季初登板となった7月27日DeNA戦に続く勝利は付かなかったが、何かを持っている感じ。最速148キロと球速も上向き。昨季未勝利に終わった男の巻き返しは、これからだ。(山本 浩之)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月4日のニュース