中日・岩瀬 好救援!プロ野球タイ記録949試合登板を白星で飾る

[ 2017年8月4日 21:26 ]

セ・リーグ   中日6―5巨人 ( 2017年8月4日    東京ドーム )

<巨・中>9回1死一、二塁から登板した岩瀬
Photo By スポニチ

 中日の岩瀬仁紀投手(42)が4日、巨人戦で同点の9回、一打サヨナラの場面でリリーフ。ピンチをしのぐと10回に味方打線が勝ち越し、米田哲也(元近鉄)の持つ949試合のプロ野球最多登板記録に並ぶメモリアル登板を白星で飾った。

 1点リードの9回、同点とされ、2死一、二塁の場面で田島をリリーフ。阿部の右前打で満塁とされたものの、村田を力のない右飛に打ち取り勝ち越しを許さなかった。すると10回に無死一、三塁から福田の遊ゴロ併殺打の間に決勝点が入った。

 岩瀬は1/3を1安打無失点で今季3勝目。メモリアル登板を白星で飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月4日のニュース