ムネリン 日米通算1500安打!復帰後初マルチで決める

[ 2017年5月11日 19:24 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2017年5月11日    ヤフオクD )

<ソ・オ>3回、中前に日米通算1500本安打を放った川崎はファンの声援に手を振る
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの川崎宗則内野手(35)が11日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で日米通算1500安打を今季初のマルチ安打で達成した。日本球界では1350安打となり、メジャーでの150安打と合わせての到達。

 「1番・二塁」で先発出場した川崎は初回、オリックス先発のディクソンから左翼線を破る二塁打で出塁すると、3回に先頭打者で迎えた第2打席で中前打を放って、節目の記録となった。

 川崎のプロ初安打は2002年6月15日の近鉄戦でパウエルから。足かけ15年かけての記録達成となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月11日のニュース