広島・堂林 3三振 3戦連続欠場菊池の穴埋められず

[ 2017年5月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0―6阪神 ( 2017年5月7日    甲子園 )

<神・広>初回無死二塁、堂林は空振り三振に倒れる。投手・能見
Photo By スポニチ

 広島は昨季一度もなかった同一カード3連敗に沈んだ。2日連続の逆転敗戦を引きずったのか、活発だった打線が10残塁で今季4度目の零敗。

 初回が流れを変える好機だった。田中が左前打で出塁して二盗も決めて無死二塁。今季初先発で2番に入った堂林は空振り三振で走者も進められず、連続四球で得た1死満塁では新井、ペーニャが空振り三振に倒れた。

 攻守で中核を担う菊池がコンディション不良のため2年目の13年以降では初の3試合連続欠場。エルドレッドの疲労も考慮して「2番・左翼」で送り出された堂林は4打数無安打で3三振に終わり、「受け身になってしまった。初回で今日が決まった感じです…」と肩を落とした。

 痛恨の3連敗。ただ、ジョンソンらが不在で貯金6を持ち、チーム内に悲壮感はない。幸い菊池も9日のヤクルト戦からは復帰が見込まれ、緒方監督も「チーム状態が悪くなったからといって、どうのこうのはないよ。うちの目指す野球を1試合1試合やる。その気持ちでやっていくだけ」と切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月8日のニュース