阪神・糸井 全得点絡んだ「この感じをキープしていきたい」

[ 2017年5月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6―0広島 ( 2017年5月7日    甲子園 )

<神・広>4回2死、鳥谷の2点打で生還した糸井(右)は能見の胸をムニュッ
Photo By スポニチ

 4、6、8回。得点を奪った3度の攻撃すべてに阪神・糸井が顔を出した。

 4回無死一塁では追い込まれながら過去5打数1安打で苦戦気味だった九里の直球を打ち返し、鋭く一、二塁間を抜いて好機を拡大。2死から鳥谷の先制打で二塁から一気に生還。際どいタイミングながら俊足を飛ばし、滑り込むことなく本塁を踏んだ。

 6回は無死一塁から冷静に四球を選んで出塁。貴重な追加点へつながる好機を整え、自らも2得目を記録した。先頭打者だった8回は高橋樹の外角直球を鮮やかに中前へはじき返し、代走で大和を送られた。つなぎ役にも攻撃の起点にもなり、11度目のマルチ安打で打率・330へ上昇。リーグトップの出塁率も・452へまた押し上げた。

 昨季王者の広島から奪った会心の同一カード3連勝。快勝の帰り道でも上機嫌で「この感じをキープしていきたいですね。明日からまた頑張ります!」と声がはずんだ。ただ、“首位”という言葉には表情を引き締めて反応。「いや、まだまだです」。開幕からちょうど30試合を消化。慢心はない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月8日のニュース