横浜4番増田2安打 清宮と「会って話してみたい」

[ 2017年5月1日 05:30 ]

春季高校野球神奈川大会   横浜10―0星槎国際湘南 ( 2017年4月30日    保土ヶ谷 )

<星槎国際湘南・横浜>1回1死一、二塁、先制適時打を放ちガッツポーズする増田
Photo By スポニチ

 横浜は7回コールドで圧勝し、2年連続の関東大会出場を決めた。4番の増田が相手先発・本田との今秋ドラフト候補対決で、先制適時打を放つなど2安打1打点。13安打10点の強打線をけん引し「センター返しを徹底できた」と胸を張った。

 昨年のエースだった藤平(現楽天)の速球を見ていただけに「経験が生きた」。早実・清宮も関東大会に出場。「会って話してみたい」と目を輝かせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月1日のニュース