ドラフト上位候補、日大・京田 今井に脱帽「手が出なかった」

[ 2016年8月28日 05:30 ]

<高校日本代表・大学日本代表>9回無死、今井の前に空振り三振に倒れる大学日本代表・京田

U―18アジア選手権壮行試合 大学日本代表5―0高校日本代表

(8月27日 QVCマリン)
 今秋ドラフト上位候補で大学日本代表の京田は今井の投球に脱帽した。

 9回先頭で対戦。初球147キロ直球は見送ってボールも、変化球で追い込まれ、最後は外角低め145キロ直球にバットは空を切った。「切れがあってボールの威力が違う。手が出なかった。大学生でもなかなかいない」と称えた。初回には早川から中前適時打を放ち「甲子園で活躍した選手とできて感謝したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年8月28日のニュース