ソフトB長谷川 詰まってらしく1000安打「僕の原点」

[ 2016年8月28日 05:30 ]

<ソ・ロ>長谷川の1000安打記念Tシャツとタオルを手にする柳田(左)と長谷川

パ・リーグ ソフトバンク14―3ロッテ

(8月27日 ヤフオクD)
 ソフトバンク・長谷川が2回1死満塁で適時打を放ち、史上285人目の通算1000安打に到達した。

 関谷が投じた内角高めの直球を詰まりながらも中前へ運び、「僕の原点とも言える詰まったヒット。いいヒットだったと思います」。08年4月22日の楽天戦(Kスタ宮城)で朝井から放った初安打も、同じような中前打だった。昨季は14年オフの右足首手術の影響もあり30試合で19安打の不本意な成績。「年間フルに出れば150本ぐらいは打てる。これからもめちゃくちゃ打ちたい」とさらなる上積みを誓っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年8月28日のニュース