阪神連勝 代打狩野が逆転二塁打、岩崎2勝 サターホワイト締めた

[ 2016年7月31日 21:08 ]

<神・中>7回裏2死一、二塁、代打・狩野は逆転となる左線2点適時二塁打を放つ

セ・リーグ 阪神6―1中日

(7月31日 甲子園)
 阪神が終盤の好機をものにして中日に逆転勝ち、連勝を飾った。

 1点を追う7回2死一、二塁から代打狩野が適時二塁打を放って逆転、8回にも無死満塁からゴメスの2点二塁打などで加点した。先発岩崎が7回1失点の好投を見せ、8回を藤川、9回を来日初登板のサターホワイトが無失点で締めた。7戦連続で先発を外れた鳥谷は8回に代打で登場し安打を放った。

 中日は2回に先制したが追加点を挙げられず連敗を喫し6カード連続負け越し。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年7月31日のニュース