【大阪】履正社 6年ぶり決勝へ Wエース大会4失点以内がノルマ

[ 2016年7月31日 05:30 ]

<履正社・桜宮>履正社先発・山口は6回を1失点と好投

第98回全国高校野球選手権大阪大会準決勝 履正社11―1桜宮

(7月30日 舞洲)
 第98回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の大阪大会は30日、準決勝2試合があり、履正社が今春から公式戦無敗の18連勝で6年ぶり3度目の夏出場へ王手をかけた。今秋ドラフト候補の145キロ左腕・山口裕次郎投手(3年)が6回1失点の好投。打線も11安打で11点を奪った。31日の決勝戦(午後1時・舞洲)で関西創価を破った金光大阪と対戦。30日に18歳の誕生日を迎えた同1位候補の149キロ左腕・寺島成輝投手(3年)が完封を宣言した。

 履正社は余力を残して6年ぶりの決勝へ駒を進めた。今夏4試合目の先発を託された山口が6回を1失点で投げきった。プロ11球団のスカウトの前で自己最速に並ぶ145キロを計測。待機していた寺島の助けを借りず、「あと一つ。次は寺島に完封してほしい」とバトンを渡した。

 ばつの悪そうな表情を浮かべたのには理由があった。今大会前、今秋ドラフト候補の両左腕に課されたノルマは8試合で4失点。百武克樹投手コーチと交わした約束だ。山口は4試合計24回で3失点、寺島は3試合計20回で1失点。7試合目で“貯金”をすべて使い果たした。くしくも誕生日だった寺島はスタンドからハッピーバースデーの大合唱を贈られ、18歳の誓いを立てた。

 「自分が0点に抑えて目標の4失点をクリアすることができれば。あと一つなんで、今までで一番のピッチングを」。

 誕生日は家族みんなで必ず食卓を囲むのが寺島家の決まりだ。メニューもほぼ同じ。赤飯、エビフライ、ヒレカツ…。観戦した父・明宏さんは「三つがうちの定番です」と説明した。1年生だった14年夏は準決勝(7月29日)で、昨夏は2回戦(7月19日)で敗退。相手はいずれも大阪桐蔭だった。過去2年と比較すれば、最高の誕生日を経て初の決勝マウンドへ臨める。

 入学を控えた14年春の選抜準優勝をスタンドから観戦し、先輩の勇姿に胸を躍らせた。「すごいチームだな」。皮肉にも自身は4季連続で聖地と縁がない。甲子園のグラウンドに立ったのは小学6年時に出場した大会の開会式が最後。マウンドは踏んでいない。「背番号1をつけている以上、スタンドにいる人の気持ちも背負っている。勝つだけです」。力の限り腕を振る覚悟だ。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月31日のニュース