石川、DeNA残留へ ラミちゃん新監督が決断後押し

[ 2015年10月27日 07:50 ]

DeNAの石川

 国内FA権を取得したDeNA・石川雄洋内野手(29)が残留の意思を固めたことが26日、分かった。

 「現時点で横浜という地と横浜ファンから離れることはできない。来年は優勝に貢献してラミレス監督を胴上げしたい」と気持ちを新たにした。今季は度重なる故障にも悩まされ、89試合出場で打率・259、1本塁打。野球人生を見つめ直し、他球団移籍も脳裏をかすめた。

 しかし、高田GMの慰留に加えて秋季練習で対面したラミレス新監督から「絶対に必要な選手。残ってほしい」と声を掛けられたことも決断の決め手になった。来季に向け、今オフに右肘のクリーニング手術を行う予定。「勝てばみんな幸せになる。秋に裏方さんやスタッフみんなと喜びたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月27日のニュース