JR東日本 雪辱ならず “不運”吉田 2回打球直撃で降板

[ 2013年7月24日 06:00 ]

<JR東日本・JX-ENEOS>2回1死二塁、宮沢のピッチャー返しを右腕に受けたJR東日本先発・吉田

第84回都市対抗野球決勝 JR東日本1―3JX―ENEOS

(7月23日 東京ドーム)
 まさかのアクシデントだった。2回。JR東日本の先発・吉田は、宮沢の痛烈な打球を右肘に受けた。

 苦もんの表情を浮かべた今秋ドラフト1位候補は、投球練習で様子を見たが「変化球の押さえが利かず、抜けるような感じがあった。打たれてチームに迷惑をかけてはいけない」と降板。前日まで2試合17回2/3を無失点。初回も3者連続三振を奪う最高の立ち上がりだっただけに「悔しかった」と唇をかんだ。

 連覇を狙った昨年はJX―ENEOSに決勝で敗れ、連覇を阻止された。さらに日本選手権決勝でも苦杯をなめた。この日は0―2の7回に、4番・松本が今大会トップとなる4号ソロを放ち意地を見せたが、あと一歩及ばなかった。3年連続で決勝に進み優勝1回、準優勝2回。間違いなく「ストップ・ザ・ENEOS」の1番手だ。堀井哲也監督は「残念だが今年の負けは次につながる感じを受けた」と来年の雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月24日のニュース