元中日の郭源治さん帰国へ 名古屋の料理店ラスト営業

[ 2013年3月16日 06:00 ]

営んできた台湾料理店の営業が最終日となり、常連客から花束を贈られる中日OBの郭源治さん(右)

 中日の先発、抑えの投手として活躍した台湾出身の郭源治さん(56)が15日、名古屋市内で長年営んできた台湾料理店の最後の営業を行った。

 日本を離れて4月に台湾プロ野球、中華職棒大連盟の首席顧問に就任するためで、郭さんは「仕方ないけど寂しいですね」と話した。料理店は「お客さんみんなが友達のように過ごしてほしい」という思いのもと01年にオープン。郭さんが自ら料理を運んで客と触れ合う、親しみやすい雰囲気が人気だった。郭さんは「いまの私があるのは日本の皆さんのおかげ。台湾に行ってもつながりは大切にしたい」と名残を惜しんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月16日のニュース