陽岱鋼 ダメ押し弾!2連勝台湾が2次Rへ前進

[ 2013年3月4日 06:00 ]

<台湾・オランダ>6回に2ランを放つ台湾の陽岱鋼

WBC1次ラウンドB組 台湾8―3オランダ

(3月3日 台湾)
 台湾の勝利を決定付ける一発が、右翼席に突き刺さった。決めたのは日本ハムの陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)だ。

 3点リードの6回2死二塁。右腕マーティスの外角速球をフルスイングし、逆方向ながらライナーで飛び込む2ラン。前日に韓国を破り勢いに乗るオランダを下し、2連勝。2次ラウンド進出に大きく前進した。

 「1次ラウンドを勝ち抜いて、(2次ラウンドで)日本と試合がしたい。それでアメリカに行きたいですね」。代表入りが内定して以来、何度も口にしてきた日本戦への思い。前日のオーストラリア戦でも初回に全チームを通じて今大会初安打となる左前打。この日は3打席目まで凡退したがここ一番での勝負強さはさすがだった。

 次戦は5日の韓国戦。この試合に勝てば、文句なしに2次ラウンド進出が決まる。「第2の故郷」である日本行きを、一気に決める。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月4日のニュース