山沖氏が始球式 思い出は上田監督のDH偵察ミス

[ 2012年5月27日 06:00 ]

<オ・広>阪急ブレーブスOBの山沖之彦氏は始球式を務める

交流戦 オリックス2-0広島

(5月26日 ほっと神戸)
 オリックスが球団前身・阪急ブレーブスのユニホームで前日に続いて戦った26日、始球式は87年最多勝のOB・山沖之彦氏(53)が務めた。

 球場横でのトークショーでは82年の珍事を回想。先発DHは一度は打撃を完了しなければ交代できないルールを上田利治監督が忘れ、偵察要員としてスタメン起用された結果、1死満塁で打席が回った一件だ。「結局三振だったけど、1球振ってみたらファウル。併殺にならなくてほっとした」と語り、笑いを誘った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月27日のニュース