鶴岡 誕生日に自ら花添える「キャリアハイの成績を残したい」

[ 2012年4月11日 22:54 ]

パ・リーグ 日本ハム14-0ソフトバンク

(4月11日 北九州)
 日本ハムの鶴岡が、自らの誕生日に花を添えた。二回には先制の2点適時打。三回にも左前打と打撃も光ったが「八木が勝てたのが良かった」。捕手としてリードした左腕の勝利が、何よりのプレゼントとなった。

 昨年の4月11日は顔面の骨折で、病院のベッドの上で過ごした。31歳の抱負は「今後長く野球をやりたいので、ことしが大事。キャリアハイの成績を残したい」。これまで誕生日の思い出といえば、2008年に自身の適時打などで勝利したロッテ戦だった。この日の活躍で、1年に1度の記念すべき日に、また忘れられない記憶が刻まれた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年4月11日のニュース