PR:

山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」

「映画山田孝之3D」の初日舞台挨拶を行った山田孝之(右)と芦田愛菜
Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(33)と女優の芦田愛菜(12)が17日、「映画山田孝之3D」(監督松江哲明・山下敦弘)の初日舞台あいさつを都内で行った。

  山田が、カンヌ映画祭で賞を獲るための映画製作を追ったテレビ東京のドキュメンタリー番組「山田孝之のカンヌ映画祭」がきっかけで、その映画で主演を務めた芦田が“発案者”となって生まれたドキュメンタリー。この日も芦田が人生初の司会を務め、山田も「優しい気持ちになりますよね」とにんまりだ。

 だが、自身の独白が映画となり公開されたことについては「何とか止めようとしたけれど、止められなかった。“チャップリンの独裁者”以来、何館でスクリーンが破られるか心配」と自虐的。内容に関しても、「あまりにしゃべりすぎた。後悔しかない。実験でやってみたが、失敗することもあるということです」とマイナスプロモーションに終始した。

 芦田が「自分のことを知ろうとしている山田さんは、格好いいと思いました」とフォローしたが、賞獲りへの意欲は衰えていないようで「賞のことしか考えていない。いい映画、いい芝居なんてどうでもいい」ときっぱり。そして、「まずは日本アカデミー賞。18年(俳優を)やっていて呼ばれたことがない。どんな手を使っても賞を獲るためにいろいろ試す。まずは貯蓄を増やします」と、裏金も辞さない!?野望を掲げていた。

[ 2017年6月17日 17:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月24日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル