【バレー女子】石川真佑 不完全燃焼「ミスが少しあった」途中交代以降出番なし…カナダに逆転負けを喫す

[ 2024年6月13日 22:43 ]

ネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会   日本2-3カナダ ( 2024年6月13日    ネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会 )

<日本・カナダ>ベンチから戦況を見つめる石川真佑(右)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 バレーボールのネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダと対戦。2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で逆転負けを喫した。勝てば6大会連続五輪出場を確実にしていたが、この試合では決められなかった。今大会の通算成績は7勝3敗となった。

 石川は第1セット、第2セットと先発出場したものの、第2セットの途中から退き、その後は出番がなかった。「相手も勝ちに来る姿勢が見られた。切符を懸けた試合で、最後の競った場面で勝ちきれなかった」と試合を振り返り、「個人としても途中で交代して、ミスが少しあったので、そこは自分が反省しないといけない」と反省。真鍋監督は交代理由について「数字が1番悪かった」と説明した。

 コート外からも懸命に声を掛け、チームを鼓舞。「こういう展開でも全員がしっかり攻める気持ちを持っていた。受け身にならずにということはコートの中でも声がかかっていた」とした。

 1次リーグは残り2試合。15日には世界ランク8位のセルビアと対戦する。「1日空いてのセルビア戦になる。もう1度、気持ちを切り替えて、スタートからいいパフォーマンスができるようにしっかり準備をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月13日のニュース