【バレー女子】古賀紗理那「向こうに好き放題に打たれた」カナダにまさかの逆転負けで五輪切符お預け…

[ 2024年6月13日 22:05 ]

ネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会   日本2-3カナダ ( 2024年6月13日    ネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会 )

<日本・カナダ>最終セットまでもつれるも、カナダに敗れた古賀紗理那(右)ら(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 バレーボールのネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダと対戦。2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で逆転負けを喫した。勝てば6大会連続五輪出場を確実にしていたが、この試合では決められなかった。今大会の通算成績は7勝3敗となった。

 苦しい場面で得点を奪うなど、チーム最多の20得点を決めた古賀は敗戦に肩を落とした。2セットを先取したものの、3セット目以降はカナダのペースに持ち込まれた。「オフェンスのところで精度がちょっと低かったかな。100パーセントでスパイカーが打てる状況が少なかった」と反省を口にした。

 また、高さとパワーを誇るカナダに対して、「サーブで攻めたかったが崩せずに、向こうに好き放題に打たれたなという印象」と唇をかんだ。

 1次リーグは残り2試合。15日のセルビア戦に向けて、「今日の反省を生かしつつ、しっかり整理して、コンディションを整えてセルビア戦に臨みたいと思う」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月13日のニュース