【バレー】日本女子 五輪出場争うカナダと今日激突 勝敗によるポイント変動は…

[ 2024年6月13日 11:16 ]

12日の韓国戦の第3セット、歓喜する古賀紗理那(右)ら
Photo By スポニチ

 バレーボール女子のネーションズリーグ1次リーグで、世界ランク6位の日本は、13日午後7時20分から福岡県北九州市で同10位のカナダと戦う。

 1次ラウンドが終了する17日時点での世界ランクでパリ五輪出場権が決まる。日本は6大会連続の五輪へ好位置につけている。

 パリの出場枠は「12」で7カ国は決定済み。残り5枠は今大会1次リーグ後、17日付の世界ランクで決まる。ただし出場決定国のない大陸(アジア・オセアニア、アフリカ)の最上位が優先。日本は(1)アジア・オセアニア最上位(2)出場決定国とアフリカ最上位を除く上位3カ国以内で出場権を得る。

 アジア&オセアニアでは世界ランクのポイント1・08点の僅差ながら、日本が6位、中国が7位でこのまま中国を上回れば五輪出場。仮に中国を下回ることになれば、アジア以外の他国とのランク争いとなる。

 現時点で五輪出場国を除いたランクでは4位・イタリア、6位・日本、7位・中国、9位・オランダ、10位・カナダ。大会公式サイトでは日本―カナダ戦の勝敗における獲得ポイントを発表している。

 カナダ戦では、日本が3―0勝利で7・31点、3―1勝利で4・81点、3―2勝利で2・31点の加算。一方、2―3敗戦で7・69点、1―3敗戦で10・19点、0―3敗戦で12・69点も失う。0-3負けならカナダは12・69点の加算で25・38点縮まり、現在の48・08点差は一気に22・70点となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月13日のニュース